Their They’re There – 572 Cuthbert Blvd

Their / They’re / There – 572 Cuthbert Blvd (Guitar Cover) with TAB

ゼアゼアゼアの曲はこれで2つ目です。アコースティックでも細かいフレーズをピロピロやってるのがかっこよくてコピーしてみました。この曲はほかにも弾いている人がたくさんいて割と正確なタブ譜も出回ってるみたいなので、今更需要はないかも知れませんがせっかくコピったので上げておきます。このバンドの中ではギターの音が聴き取りやすいのと、フレーズ的にとっつきやすいのがみんなが弾いてる理由の一つかもしれません。そこまで難しくないけど派手な感じがするのでエモ・マスロック系のオープンチューニング入門とかにもおすすめの一曲です。

スポンサーリンク

使用機材

GuitarGibson J-45
TuningDADF#AE Capo 6
Audio InterfaceTASCAM US-4×4
DAWCubase 8
Plug-inSoundtoys Delay , Slate Digital Reverb
スポンサーリンク

演奏について

こういう系の定番ですがとにかくハンマリングとプリングを駆使してスピーディーなフレーズを作っています。あとはアルペジオが1音1音ちゃんとメロディアスな感じなので、ラフに弾くんじゃなくてちゃんと正確に弾くのが大事なのと、手が当たったりして伸ばしてる音が途切れやすいので意識するといいです。

スポンサーリンク

この曲が収録されている音源

コメント