楽器練習にも フラットで忠実なモニター系イヤホンのすすめ

音楽鑑賞を楽しむために味付けされたリスニング用とは違い、全ての帯域がフラットで原音の通りの音を再生するモニター用イヤホン。モニターヘッドホンにはSONY MDR-CD900STという超定番が存在しますが、イヤホン界ではどうなのでしょうか。いくつかおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

モニター用イヤホンの用途

音楽制作に

歌うときや楽器演奏時に自分の声・音、同時に鳴っている他の楽器を聴くために利用するというのはまさにモニターとしての用途で言わずもがなですが、趣味のDTMでもプロの現場でも、そういった場面ではCD900STなどのヘッドホンが使われることが多いと思います。ですが、ヘッドホンじゃなくてイヤホン派の人もいます。圧迫感や汗で蒸れるのが嫌だとか、髪型を崩したくないなど。音楽をやっている人でもそういう人は録音時や練習時にモニターイヤホンを利用しています。あとはライブ時のイヤモニとしての役割。本番でも実際に使えそうなものを選んでみました。

リスニングとして

モニター用だからと言ってリスニングに使ってはいけないということはありません。900STを音楽鑑賞に使っているという人もけっこういるみたいだし、全ての帯域をフラットに聴きたいという方、味付けのされていない音を好む方は普段からモニター用のものを使っているようです。また、他のアンプやイヤホンとの比較用として、原音に忠実なイヤホンを持っておくと一つの指標にできます。

スポンサーリンク

おすすめのモニターイヤホン

SONY MDR-EX800ST

なんといってもまずはこれでしょう。モニターヘッドホンの超定番MDR-CD900STのイヤホン版とも言える製品。人によっては原音忠実性は900STよりも上というほどで、曲や音の良いところも悪いところも平等に気付かせてくれます。低音も十分で、ひょっとしたらちょっと強めかも。キックやベースなど低音部を集中して編集したいときはむしろ長所です。高音もシャリシャリしたりせず、クリアな印象です。迷ったらとりあえずこれ。

SHURE SE315

意外と見落としがちかもしれないのがこちら。モニター用としては十分合格なフラットさ。各所レビューを見るとDTM用に使用している人もけっこういるみたいです。またリスニング用としても評価されていて、パンチのある味付けを期待している人にはもちろん向きませんが、クリアなボーカルや近くで鳴っていて伸びやかな高音は耳に心地良いです。「声」がクリアなので、ラジオやアニメ鑑賞とかにもいいかも。

Westone UM Pro30

ステージ用のインイヤーモニターとしてもプロミュージシャン御用達のWestoneのUM Proシリーズ。普段使いや趣味での練習用としてはちょっと贅沢かも知れませんが、プロユースのモニター環境を味わえます。アマチュアでもライブ時イヤモニが必要という方は一つ持っていると便利です。どの帯域もピュアに忠実に再現され、今まで気付かなかった曲の特徴を発見したりすることも。楽器練習やボーカルモニターに使う場合は、自分の力量にも気付かされます。

FENDER DXA1

ギターブランドの老舗フェンダーが手がけるイヤホン。あのフェンダーが、ということで一時期話題になりましたね。イヤーモニターとしての役目を忠実に果たしてくれるイヤホンです。各楽器の正確さやバランスの良さは流石。一方リスニング用としては面白味がなさすぎると感じる可能性が。迫力や(鑑賞用としての)音の良さよりとにかく生の音を聴きたいという方には良いと思います。耳コピとかがはかどりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

一つ持っていると何かと便利なモニター用イヤホン。音楽をやっている方にはもちろんですが、普段のリスニング用途としてもフラットに解像度の高い音を聴きたい、曲のフレーズなどを分析したいという方などにはおすすめです。

コメント