「ルーザーロック」なOlive Drabというバンドについて

The Big Sleep

ローファイでパンクでエモ感のあるイイ感じのバンドない?って聞かれたら僕がおすすめしたいのがOlive Drabです。もうあまり活動してないっぽいフィラデルフィアの4人組。どこかのレーベルと契約などもなく完全DIYでやってたみたいだし活動期間も短かったのであまり日本で知ってる方いないかもですが、だからこそおすすめしたい。

スポンサーリンク

Girl EP


とにかく聴いていただきたいのがこの2012年リリースの4曲入りEPです。聴きやすく切ないメロディーとパンクらしいシンプルな爆発力に、まさにインディーDIY、まさにローファイ的な歪んだヴォーカルやダーティーな音作りで非常に味のある世界観。なんとなく懐かしい感じがします。Husker Duとか最初期のグリーンデイみたいな、ポップだけどダークな部分とか、たった数曲のあまり名の知られていないバンド(当時)の音源ながら聴いてすぐめっちゃええやんてなりました。フィジカルは流石にもう手に入らないっぽいですがダウンロードフリーなのでいろんな人に聴いてほしいです。

スポンサーリンク

The Big Sleep

そして二年後の2014年にリリースされたフルアルバムがこちら。アレンジや演奏面でまとまりが出ていますが、気だるくラフな雰囲気は健在です。前作のEPほどの衝撃はないものの、良質なメロディーと生々しいサウンドは聴きどころで、これ以降作品が出てないし活動もしてない様子なのが残念です。おすすめは2曲目のFalling(For You)辺り。ちょっとJAWBREAKER的な、やはり古き良き雰囲気を醸し出しています。

スポンサーリンク

まとめ

数年前から活動停止してるっぽいバンドなので今ご紹介してもという感はありますが、もし知らない方がいたら是非聴いていただきたいです。特にGirl EPは今でも僕の中でずっとお気に入りなくらい傑作だと思っています。自らの音楽をルーザーロックとかブロウファイなどと表現していますが、まさに言い得て妙です。

コメント