ALL – She’s My Ex

ver.1 (2015)

ALL – She's My Ex (Guitar Cover)

ALL - She's My Ex (Guitar Cover)

 

Guitar HISTORY Les Paul Type
Strings D’Addario EXL110 .010-.046
Audio Interface TC Electronic Impact Twin
DAW Cubase 8
Plug-in Amplitube3 British Tube Lead 1 (Marshall® JCM-800)

 

ver.2 (2017) with tab

ALL – She's My Ex (Guitar Cover ver2) with tab

ALL - She's My Ex (Guitar Cover ver2) with tab

 

Guitar HISTORY Les Paul Type
Strings Elixir Nanoweb Light .010-.046
Audio Interface TASCAM US-4×4
DAW Cubase 8
Plug-in BIAS Amp British Plexi 50w (Marshall® Plexi 100)



About This Cover

この曲を最初に聴いたときはまだギター始めたてで全然弾けなかったんだけど、それでも「いつかこの曲を弾けるようになりたい」と思いました。それくらいイントロのギターリフが当時の僕にはかっこよかったんです。実際弾いてみるとめちゃくちゃ簡単なんですが、あの頃は耳コピしようとしてもどこ押えればいいのか全然分かりませんでした。このバンドのギタリストStephen Egertonはコードの押さえ方が独特で、一般的なコードフォームを意図的に避けてることが多いんです。ネットで探すと一応誰かが作ったtab譜があって、その通りに弾いてみたこともあったんですが、なんか響きが違うなあ…と思いながら数年。まさか自分が、押え方に限ってですがほぼ完コピできるようになるとはあの頃夢にも思いませんでした。ここまでコピーできるようになったのも、インターネットの発展のおかげです。日本にいながらALLのライブ動画が観まくれるなんて、youtube様様です。しかも高画質で、映像によっては手元のアップがけっこう映るので、目コピするのに本当に役に立ちました。おそらく耳だけでは、未だに何弾いてるか分からなかったと思います。もしくはコピーできててもポジションが違ったりとか。でもリズム感とかは全然まだまだです。あらためて聴いてみるとズレまくりです。

最初の動画は音源に合わせて弾いています。ver2の方はギター以外の楽器も録ってオケ作ったりして、動画内にtab譜も載せました。最初の動画にtabくれとかレッスンしてってコメントもらったので、作ってみました。お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

How to Play

この曲は全体的に簡単なので特に注意する箇所はないですが、イントロのフレーズをはじめ度々登場するハイポジションのアルペジオは、音が途切れないようになめらかに弾くことを意識したほうがいいかもです。あとはギターソロの部分ですが、スケールが独特なのと、ユニゾンチョーキングの部分は僕はけっこう慣れが必要でした。

TAB譜はこちら


Share This Article



スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *