聴き疲れしにくいモニターヘッドホン オーテク ATH-SX1a

audio-technica スタジオモニター・ステレオヘッドフォン ATH-SX1a

業務用としてプロの現場でも使われているらしいモニターヘッドホン。DTMなどでのレコーディング時のモニター用ヘッドホンとしてはSONYのMDR-CD900STを既に所有していましたが、予備の意味も含め、違う性質のヘッドホンももう一つ持っておきたくて買ってみました。価格は新品で約16,000円でした。

スポンサーリンク

このヘッドホンの特徴

耳が疲れにくい

モニター用としては柔らかな音質で、高音が刺さったりする印象もありません。ドラムのシンバルや、ボーカルのサ行も不快感なく聴けます。それでいてどこかの音域が主張しすぎたり引っ込んでいたりということもなく、フラットな音質でモニター用としての仕事もしっかり果たしてくれます。

負担のない装着感

音質だけではなく、装着感的な意味でも疲れにくいです。パッドの感触が良く、ヘッドホン自体の長さ調整も自在なので頭にフィットさせることができます。長時間使っていても痛くなりにくいので、作業にも向いています。パッドは専用のものが単品で販売されているので、ヘタってきたら交換可能です。

ボーカルの編集に最適

非常に聞き取りやすい中域により、ボーカルの編集がしやすいです。放送業界でよく使われているということもあってか、「声」の再生に関しては素晴らしいです。ラジオなんかもこのヘッドホンで聴くと聞きやすいです。

スポンサーリンク

CD-900STとの比較

モニターヘッドホンとしての普及率は900STのほうが圧倒的です。音の印象としては、900STのほうが硬めで、SX-1aは柔らかめという感じです。聴き疲れはSXのほうがしにくいでしょう。解像度というか、全体的な音の再現は900STの方が得意だと感じましたが、SXはボーカル重視の歌モノなんかの編集は非常にやりやすいです。900STは、DTMの編集用というよりもレコーディング時のモニターとして使うことの方が多いと思いますが、SXならどちらもいける感じです。重量はSXのほうがあります。900STの軽さを再確認しました。ただ、正直どちらも優れたモニターヘッドホンなので、用途ごとに使い分けるといいかも知れません。前述の通り、録音時のリアルタイムモニター用としてはやはり定番の900STが聞きやすい気がします。編集用、どちらも兼用ならSX。

スポンサーリンク

使ってみた感想

最近は装着感の心地よさもあってか、このSX1aを使っていることが多いです。遮音性や音漏れ防止の性能も高いので、同居人がいる場合でも集中して周りに気を使うことなく作業が可能です。また、音楽鑑賞用として使っても楽しめます。特に女性ボーカルの歌モノなどでは、声の臨場感を感じ取れます。交換用のパーツなども充実しており、業務用らしくしっかりした作りで耐久性も高そうなので、末永く使っていけそうです。

プラグはミニです。標準変換プラグがついてくるので、どちらでも使えます。なくさないように注意が必要です。

コメント