ベースの自宅練習に最適 VOX Pathfinder Bass 10

fenderジャズベースのアメスタを購入して、家でも練習できるアンプを探していました。しかしそこまで高級なアンプを買う金もなければ、でかい音を出せる環境も無く…そこで練習用ベースアンプの中でもおそらく最安に近いVOXのPathfinder Bass 10を買ってみることにしました。

スポンサーリンク

このアンプの特徴

Vox Pathfinder 10 bass amp

手ごろな値段

初心者御用達のギターアンプとして有名なPathfinder 10のベース版。ギターアンプのパス10は実際に弾いたこともあり、自宅練習ならこれでも十分と思える出来の良さでしたが、ベースアンプのこちらはどうなのか。現在安いところでは約7,000円程度で買えてしまい、ベースアンプとしてはかなりの安さです。

コンパクトなサイズ

サイズは380(W)x170(D)x277(H)mmで、とても小さく持ち運びもしやすいです。見た目は小さいながらもVOXの伝統的なデザインを受け継いでおり、インテリア的にも洒落た置物としていけそうなかわいさです。出力も10Wで、スピーカーは5インチが2発。

ブライトスイッチ付き

アンプにはブライトスイッチというのが付いていて、これをONにすると音がパキっとして元気のいい感じになります。スラップなんかやるときはこれをONにするといいですね。このスイッチとTREBLE、BASSの調整で、アンプ単体でもそれなりに音を作ることができます。欲を言えば、MIDDLEも調整できれば言うことなしだったんですが。

弾いてみた感想

某通販ショップで購入し、数日後届いたので早速開封。本当にかわいい感じです。これでベースの音が出るのか?という不安を感じながらも、セッティングしてベースを接続。

思ったよりまともな音というと失礼ですが、気持ちいい中域を感じられる音がコンパクトな本体から出てきます。なんか音までちょっとかわいい感じです。ポコポコしてるっていうか…。流石にこのサイズでベースの醍醐味である迫力のある重低音とまではいきませんが、これはこれでいい音です。

ブライトスイッチをONにしてスラップをしてみると、けっこうファンキーな音が出ます。生ドラムとのセッションはどうでしょう?ちょっと厳しいかな…と感じましたが、音量もけっこうなところまで上がるので、案外いけるのかな?試してないのでなんとも言えません。ただ、自宅練習という環境では十分な音量です。最大まで上げることはないでしょう。近所から怒られます。

ひとつ重要なのは、演奏するときはこのアンプを自分の耳の高さに持ってくることです。もしくは、位置が低いままでもアンプ自体を自分の耳の角度に向けて傾ける。そうすることで自分の演奏も細かく聴こえるし、音量を上げすぎる心配もなくなります。小さいので足元に置いてそのまま演奏しがちですが、やっぱり適切なモニタリングができたほうが練習は捗ります。

トップへ戻る