最大5,000P還元!増税前最後のAmazonタイムセール祭りをチェック!(9/23まで)

オープンチューニング

スポンサーリンク
ギター

マスロック系で使われる変拍子を意識した曲を作ってみる

マスロック勉強中シリーズです。今回はマスロックをマスロックたらしめる「変拍子」について考えてみます。いつものようにデモ曲を作ってみたので、それを元に色々と見ていきます。 変拍子のデモ曲 ブレブレでズレズレですがこんな感じ...
ギター

DAEAC#Eチューニングを使った切なくエモっぽい曲の作り方

FACGCEに続き最近僕が試してみているチューニングです。慣れるにはとりあえず1曲作ってみることだ、ということでやってみました。切ないというかなんかひたすらポップで元気な仕上がりになってしまいました。マスロックというかもうマスポップ...
ギター

エモ・マスロック系で使われるDAEAC#Eチューニングの考察

お馴染みエモ系チューニングシリーズ。考察と言っても大したことはないので詳しい方には物足りないかも知れません。このチューニングを使っている主なバンドや実際に使ってみた感触や使えそうなコードフォームなど。 DAEAC#Eを使っているバ...
演奏してみた

Owen – Breaking Away

Owenことマイクキンセラ先生のBreaking Awayを弾いてみました。Owenの中でもトップ3に入るくらいによく聴いてるお気に入りの1曲です。録ってた時間が飼ってる猫にいつもご飯をあげる頃だったので、メシよこせっていう請求の鳴...
ギター

ミッドウエストエモっぽいリフ・曲の作り方について

ジャンル別作曲のコツというか、個人的なメモです。毎度ですが理論については間違ったことを言ってるかも知れないので予めご了承ください。今回はエモという定義が曖昧すぎるジャンルの中でも、ミッドウエストエモとか、エモ・リバイバルと呼ばれるス...
ギター

エモ・マスロックのFACGCEチューニングについての考察

偉そうな見出しですが素人のメモ的な記事です。いつもこのブログをご覧頂いている方はご存知かもしれませんが僕が好きな音楽のジャンル「エモ」や「マスロック」では、ギターにオープンチューニングを採用しているバンドが多くいます。その中でも割と...
演奏してみた

Owen – Poor Souls

もう2月になってしまいましたが今年もギター練習がてら色んな曲をコピっていきたいと思います。YouTubeのコメントとかでもらうリクエストもかなりたまっていますが…一応全部チェックしてますし全部いつかは必ずやりたいと思っています。気長...
演奏してみた

Their They’re There – 572 Cuthbert Blvd

ゼアゼアゼアの曲はこれで2つ目です。アコースティックでも細かいフレーズをピロピロやってるのがかっこよくてコピーしてみました。この曲はほかにも弾いている人がたくさんいて割と正確なタブ譜も出回ってるみたいなので、今更需要はないかも知れま...
演奏してみた

Owen – The Sad Waltzes of Pietro Crespi

アコースティックな曲をやりたい気分だったのでOwenを弾いてみました。ボーカルがないと面白くないやつもありますが、この曲はギターのフレーズがずっと動いているので単体でも大丈夫かなと思ってやってみましたがどうでしょうか。けっこう上がっ...
演奏してみた

American Football – Home Is Where the Haunt Is

LP2の3曲目を弾いてみました。アメフトやるのは2回目です。この曲はアメフトというよりもOwenっぽさが強いですね。きっと元々マイクがソロ用に作ってた曲をバンドアレンジにしたんだと勝手に予想しています。変拍子やトリッキーなアレンジな...